UVERworldアルバム『THE ONE』購入!簡単な感想

画像.jpg
やっと届いた

さっと聴いただけですがまた変わったなっていうのが最初の印象。
前アルバムから1年半くらいしか経ってないのにこんなに変わるのか。
UVERが進化してる一方で私は昔の曲の印象に囚われているせいか毎回新曲は受け入れられない。
THE OVERやSHAMROCKでさえ最初聴いたときは、なにこの曲?って感じでしたw今考えると信じられないです;
けど何回も聴いてるうちに味が出てきてとてつもない曲に変わる、そういう所もUVERの魅力だなって
つくづく思います。
同時に過去に囚われずに前に進んで新しいものを受け入れればこんないいことがあるよっていうメッセージをUVERworldの新しいものを作っていく姿勢から感じました。

アルバムのタイトルのTHE ONEですが“THE”が付いてるので限定的な意味があるのではないでしょうか?
唯一のもの、ひとつしかないもの等というようにも解釈できます。

あとTHE ONEから7th triggerへの入り方がすごくかっこいいです!

青のエクソシスト劇場版とのタイアップ曲REVERSIは思ってた通りインパクトがあります。
最初REVERSEかと思ってました、REVERSIの意味はオセロですね。とりあえずこの曲を一番聴いてます。

他の曲の第一印象はやはり、なにこれ?でした^^;
でもやはり聴いてるうちに変わっていくんだと思います。

気になっているのがDon't Think,Feel
直訳で、考えるな、感じるんだ、ですね。どうでもいいことですがスパ4の称号で使ってます。
あと今年の私の課題でもあるのでREVERSIに飽きたら聴いてみようかと思います。

最後の曲のNOWHERE boyのタイトル見るとThe BeatlesのNowhere man思い出します。

個人的にあと一曲ほしかったですが満足できる作品だと思います。

この記事へのコメント

ミヤヒロ
2013年04月23日 22:32
初めまして。uverの歌詞解釈、拝見させて頂きました。感想なんですが、すごいの一言です。同時に、ここまで歌詞を解釈している人がいて嬉しい限りです。SNSなどでUVERのサークルなどありますが、歌詞についてはほとんど話が出てきてません。UVERの歌詞は人をひきつける力があります。俺自身も自分なりに考えて歌詞解釈しますが、「此処から」のラストのところは難しかったです。カワラさんみたいな人と本当に一度、話がしてみたいです。