肉食をやめて菜食主義者「ベジタリアン」を目指す!

肉食から菜食主義者(ベジタリアン)を目指す!

と一口に菜食主義と言ってもいろいろ種類があるらしくて
私が目指すのは肉、魚は食べないけど卵と乳製品は食べるというラクト・オボ・ベジタリアン
中でも最強のベジタリアンで肉、魚、卵、乳製品、はちみつを全く摂らないヴィーガンというのものまであります。

始めたきっかけとしては最近肉を食べると気持ち悪くなるということ。
たぶん肉に含まれる動物性脂肪のせいかと思うのですがやっぱり歳をとってないようで体からは若さが奪われているんだなあと実感しました。

それから前に瞑想の修行で2週間だけベジタリアンになったのですがその期間中はとても体が軽かったのを覚えています。修行後に肉を食べるとなんだか疲労感のようなものを感じました。

肉って疲れるんですね💧

それから脱肉食を考えていた時期にたまたま暇つぶしに本屋で無意識に手に取った本が動物の屠殺(とさつ:食肉にするために家畜を殺すこと)の本、もちろん写真付き・・・自己啓発のコーナーだったのですがなんでこんなとこにこんな本置いてあるんだよ!?

他にもたまたま見たドラマが肉ばっかり食べている男が医者から注意を受ける話だったり、ネットでも調べるつもりがなかったのに菜食主義の有名人が出てきたりと私を菜食へ促しているようでした。

ああ、これはあれだな、天からのメッセージってやつだな(遠い目)

ネットでいろいろ調べると人間は雑食でなんでも食べれますが歯や爪の形、腸の長さなど体の造り的には菜食向けに作られているそうです。
肉食は怒りっぽい性格になると言われていますがこれは動物が屠殺されるときに興奮してアドレナリンを出すからと書いてあり、なるほどと納得しました。

菜食のメリットとして健康面の他に、体臭がなくなったり、直感力が上がったり、あと真偽の程はわかりませんがスピリチュアル的にも霊性を高めてくれるらしいです、私自身けっこうスピリチュアルが好きなのでこれはうれしいし霊性が上がる根拠もある程度理解できます。
かの有名なアドルフ・ヒトラーは菜食の霊性を上げる力に気づいていて敢えて菜食をしていたという噂があるほどです。

もちろんデメリットもあり栄養のバランスがとりにくく、タンパク質、ビタミンB12が取れないことや外食するときに苦労することが挙げられます。
タンパク質は大豆から摂取できるので豆腐をいっぱい食べようかなと考えています。

瞑想の修行をしてありのままに生きることの大切さを知ったので
肉体も精神同様に肉食による負荷をあたえずにありのままにできるよう菜食主義者を目指したいと思います。

スポンサーリンク



この記事へのコメント

ノイエ
2014年05月06日 20:25
センセ、おからを食べるのがいいと思いますよ。(^_^)
カワラ
2014年05月06日 22:55
>ノイエさん
お久しぶりです!
そっかあ、おからいいですね。気づきませんでした。豆腐キーマカレーとかひよこ豆のカレーとか作ってるんですけどレパートリー増やさなきゃいけないですね。
肉食べないとすぐに痩せてしまうので体重管理もしっかりせねば('_')
ちなみにノイエさんのブログはいつも見てますよ、コメント残さないで申し訳ないです(._.)
ノイエ
2014年05月07日 00:29
センセのブログも更新のたびに見てますよ。
玉子がOKならオムライスとかどうです?
ケチャップじゃなくてドライカレーを玉子でくるんでウスターソースかけて食べるのですが。
小さい頃父親が作ってくれたのですがうまかったのですよ。(・Д・)ノ
カワラ
2014年05月07日 23:00
>ノイエさん
ありがとうございます^^
オムライスもいいですね、考えると肉を使わない料理もいろいろ浮かんできますね。
明日あたりオムライスにしてみます、つかカレーって最強ですね!
ノイエ
2014年05月08日 03:31
カレーは人生。
ソース味の焼き飯+紅ショウガとか。
結構肉使わなくても応用できるものありますからねぇ。
豆腐ハンバーグなんてのもあったし。