ベジタリアンになってからの体の変化や効果②「肉が臭くまずくなる」

前回に引き続き菜食主義者(ベジタリアン)になってからの体の変化、効果についてまとめます。
菜食を始めて約5か月、前回からいろいろありました。

東京へ遊びに行ってお昼にラーメン屋でつけ麺を食べました(今のところ魚介系の出汁はOKにしている)。
弟といっしょだったのでチャーシュー抜きで、と注文せずに上にのっていた肉は弟に分けて食べました。

それが失敗だった・・・




スープを一口飲むとなにやら異臭と腐ったような味が口の中に広がる・・・
スープをよく見てみるとなんと細かく切った肉が!!
もうすでに飲み込んでしまったが胃が受け付けなかったせいか逆流してくる。
さすがにラーメン屋で吐くわけにもいかず水で必死に流し込んだ。

酷い目に会った・・・
久々に食べた肉の味は死体を食べているようだった、というか死体で間違いない。
肉は元々大好きだったので久しぶりの味は美味しいものかと思っていたが想像を絶する味だった。
なにより体が受け付けなかった。それだけ体に害があるものということなのか。

そう思った時、ふとタバコを吸っていた頃を思い出した。

タバコを一度でも吸ったことがある人ならタバコの不味さは承知の事実かと思います。
不味いのに何度も吸っているうちにその味に慣れて(麻痺?)しまって本来の味を忘れてしまう。
そうなってしまうともはやニコチンの中毒性も相まって美味しいと勘違いしてやめれなくなってしまうのである。

肉食もこれと同じことではないだろうか?
タバコを初めて吸った時はものすごく不味く、具合も悪くなって下痢まで起こしたことを覚えています。

前回の体の変化の記事でも味覚の変化のことは書きましたが実際のところ、味覚が鋭くなったのではなくて味覚が元に戻ったというべきでしょう。

それから数日後、家にイカ天と海老天があったので今回はどんな味がするのか興味が湧き、能動的に食べてみました。
どちらとも吐き気はしませんでしたが独特の臭みがあり好んで食べるものじゃないなと思いました。
ちなみに次の日は下痢になりました(涙)やっぱり体にとっては異物扱いなんですね。

他にもカップ焼きそばUFOにマヨネーズをどっぷりかけて食べるのが大好きだったのですが
なんか変な味がするんですよね、これが添加物の味なのかな?

不本意とはいえ一時的にも菜食主義を破ってしまいましたがおかげで
肉は食べるもんじゃないと心からそう思えました。
体がありのままの状態に戻ってきてますね^^

そういえばよくベジタリアンになってからの変化で直感が鋭くなるって話を聞くのですが私にはいまいちピンとこないのですが、心がいろんなものに反応したり、~に行きたい、~をしたい、とかそういった想いが湧いてくることが多くなりました。今までは面倒だったり、お金かかるからという理由で家で過ごすことが多かった私にとっては大きな変化です。

スポンサーリンク


この記事へのコメント