フィリピン旅行記⑦番外編、セブ島格安ホテル「トロピカルホステル・セブセンター」最終日の夜に

フィリピン旅行記の⑦番外編です、時系列的にはフィリピン旅行記⑥の後ですね。
って順番そのままじゃん(バカ)
番外編なので多少脚色が入ってるとこがあるかもしれません。

今回は3日目に泊まったゲストハウス
「トロピカルホステル・セブセンター/Tropical Hostel Cebu Center」
飲みからから帰ってきてからの話です。

トロピカルホステル・セブセンター


24277.jpg
外観。お察しの通り中もキレイじゃありません

11225242_36_b.jpg
実際もっと汚いかも

11225242_33_b.jpg
この写真のキレイさ詐欺ですよ💥

最初、チェックインすると若い男性おなべが2人。
感じのいい人でした、奥にもおなべっぽい人がいたな・・・
なんか訳ありの人たちが働くホテルなんでしょうか??

案内されると小汚い部屋が待っていました。
テレビなし、冷蔵庫なし、シャワー、トイレもない、おまけにエアコンは壊れていました。

なべちゃんにそれを伝えるとすぐに部屋を変えてくれて
今度はテレビ、シャワー、トイレまでついてる広い部屋に案内してくれました⤴⤴

それではアヤラモールから帰ってきてからのこと。
部屋に戻るとYはベッドに横になりケータイをいじりだしました。
どこでもケータイをいじってばかりのYに腹が立ちました。

カワラ「まったく海外にきてもケータイかよ💢」

Y「ケータイじゃないしスマホだし」

反抗期のJKかよ、こう見えてこいつこの方は私の上司で2階級くらい上の方です。
まあ私たちは釣りバカ日誌でいう浜ちゃんとスーさんみたいな関係ですね、海に来たわけだし。

午前0:00

反抗的な態度が頭にきて私は外に出ていきました。

カワラ「ちょっとマッサージいってくる」

Y「どうぞ~」



セブ島で夜のマッサージ屋を探しに!


↑なんかエロそうなタイトルになってしまいました(笑)
セブの夜は思った以上に怖かった、野良犬はいるしこんな時間でも徘徊する人はいるし。
だが逆にバックパッカー魂が刺激された。
なべちゃん情報だとすぐ近くにコンビニ(セブンイレブン)があってそこの隣にマッサージ屋さんはあるらしい👂

24276.jpg
昼間の写真ですみません

ほんとに近くにあった。1分も歩いてないよ。
どうやらここはちょっとした複合施設でコンビニやマッサージ、レストランも同じ敷地内にある。

・・・閉まってた❗

そりゃこんな夜中にやってるわけないかー💧
諦めて帰ろうと踵を返そうとすると・・・ポンポンと誰かが肩を叩く。

現地人「マッサージ屋探してるの?それならこの通りをまっすぐ行ったところにあるよ」

ほんとですかー、ありがとう‼
テンションが上がる⤴⤴

24271.jpg
字が汚いですが、ホテルから約1キロ先

夜道はやっぱり怖い、でもこのスリルがたまらない。
途中現地の人が集まるバーらしき店も何軒かあったが慣れてきたらこういう所でも入れるようになるんでしょうかね。
大きな交差点が見えてきて渡った先に大きな建物がある、あれかな?

24275.jpg
この建物が目印

24274.jpg
ここの2階にマッサージ屋がありました

なんとまだ開いていた!
で次の案内は4時になりますって、あと4時間もあるじゃん!!
つか何時まで営業してんだよ。
料金は今までの中で最安値で1時間200ペソしませんでした。
無駄足だった、ただこれを読んでくれた方に情報を提供できたことが救いです。

するとここでなんだか妙な胸騒ぎが・・・
嫌な予感がする・・・
まさかYになにか!?

走りました、走って走って宿を目指しました

見つけた、この宿だ!!
急いで階段を駆け上がり、自分の呼吸が荒くなっていることに気づかぬうちに部屋の扉を空けました。


カワラ「ただいまー」

Y「おかえり~どうだった?」

カワラ「探したけどどこもやってなかったよ」


ホテルに着くと私の腹の虫は収まりイライラはなくなっていた。
朝早いのでもう寝ることにしました💤

一部おかしなシーンがありましたがスルーしてください。

午前5:00

空港に向かうべくおなべのみなさんにあいさつしタクシーを呼んでもらった。
宿の前にはもう一台タクシー止まっていて、体格のいい中年のおっさんときれいな女性がいた。

おっさん「お前たちも空港にいくのか?」

はい、と答えると

おっさん「オレもだ、空港で会うかもな」

と言ってタクシーに乗り込んだ。女性は乗らなかった。
こいつ女を買ったな・・・💋

そして空港に到着!
お金と時間が余っていたのでスタバで時間を潰す。

そしてマニラへ移動。
飛行機から降りると、ポンポンと誰かが肩を叩く。

「よう、また会ったな」

さっきのドスケベおやじだった❗
まさか同じマニラ行きだったとは・・・
来た時と同じ「マニラ国際空港」のターミナル4に飛行機は到着した。
ターミナル4から国際線のあるターミナル1までの移動方法はタクシーかバスを使うしかないらしい。

すると

おっさん「オレがタクシー代出してやるよ、なーに気にするな友達だろ」

おっさん、いいやつだった( ;∀;)

でも申し訳ないから断ると、ぼられないようにドライバーを説得してくれた。
最後の最後に旅の出会いがありました、やっぱり旅は出会いだよね✨

このあと空港のレストランでサンドイッチを食べて帰ったわけですが
それが原因で1週間お腹を壊すことになるのであった。
理由はしわくちゃの紙幣で支払って、そのまま手づかみで食べたからだ。
フィリピン旅行の際は衛生面にはくれぐれも注意してください。

~トゥルーエンド~

この記事へのコメント